WHY PAY MORE !


  • マイ・オークションをごらんください
2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

マクドナルドコレクション

2007年8月 9日 (木)

マクドナルドコレクション24

Dsc025771 写真は恐らく1980年代後半、アメリカマクドナルドの店舗の屋根のひときわ目立つ場所に取り付けられていたフラッグです。フラッグの仕様の変更や店舗の統廃合によって流出したものだと思いますが、各店舗ごとに1枚づつが原則のこの時代のフラッグが一般のマーケットに出ることはほとんどありません。赤地に白文字が縫い付けてあるタイプで大きさが120×190センチとかなり大きなものです。以前にも少し触れたのですが、アメリカの著名なマクドナルドコレクターはもともとは店舗のオーナーであったりマネージャーであったりするケースが多く、だからこそプレミアムを自由にコレクションできるという環境にいたというのはごく当たり前のことかもしれません。なのでこのフラッグも出所はそういうところからだと考えられます。誰がどう見てもマクドナルドな一品です。

To be continued.

ブログランキングに参加しています。人気blogランキングへ投票お願いします!

2007年8月 2日 (木)

マクドナルドコレクション23

Dsc025641 写真は数あるアメリカマクドナルド関連のキャップの中で一番お気に入りの一品です。1980年ごろのキャンペーンで店員がかぶっていたらしいのですが。。詳しいことは残念ながらよく分かっていません。一見何の柄か分かりにくいのですがよく見ると、そうビッグマックです。ビッグマックの写真が転写されています。日本のとは違って野菜もたっぷり、ボリュームも満点。まさにマクドナルドの最高傑作だと思います。それを頭にかぶって。。最高傑作です。

To be continued.

ブログランキングに参加しています。人気blogランキングへ投票お願いします!

2007年7月16日 (月)

マクドナルドコレクション22

Dsc025581 写真はアメリカマクドナルドのハッピーミールで数あるサングラスの中でキャラクターの付いたもののミントインパッケージ、袋入りです。1989年のものがほとんどですが、1990年代に入るとキャラクターは付かず普通の遊びのないサングラスになってしまいます。特に一番左上のテキサス州シーワールドのペンギンのサングラスは、なかなか見つかりません。ただもう一種類シャチが付いたサングラスもあるのですが残念ながら袋入りは所有していません。袋から出すのは少しもったいないですし、出したとしてもかけるのには少し勇気がいるお気に入りの一品です。

To be continued.

ブログランキングに参加しています。人気blogランキングへ投票お願いします!

2007年7月 9日 (月)

マクドナルドコレクション21

Dsc025511  写真は1985年E.T.のハッピーミールのポスター4種類です。プレミアムとしてトイではなくポスターを配ることはあまりなく、また紙物だけに現存している数もとても少ないと思われます。Dsc025521マックコレクターにとってもE.T.マニアにとっても非常に貴重な一品です。

アメリカのマックコレクターからそのコレクション購入し たことは、Dsc025531以前書いたとおりなのですが、そのコレクションを始めて見た時このポスターが箱に入ったデッドス トックの状態で何千枚と保管してありました。しかしいざそのコレクションを購入するDsc025541と決断し再びコレクションルームに行った時には。。もうすでに離婚した旦那が持ち出した後でした!少しショックだったのですが、それが無いことなんて関係ないほど大量にそして本当に破格で譲ってくれたことに今でも感謝しています。

To be continued.

ブログランキングに参加しています。人気blogランキングへ投票お願いします!

2007年6月24日 (日)

マクドナルドコレクション20

Cnv0024 写真はアメリカのマクドナルドが1976年ファーストフードチェーンとしては初めて朝食メニューを制定した時のテーブルトップメニューです。朝食のメニューとは程遠いムーディーな色合い、イラストのような写真、そしてファイヤーキングのマグカップで有名な可愛い太陽のイラスト、となんともいえない雰囲気をかもし出しています。今となってはこういった紙ものは非常に貴重な一品です。

ブログランキングに参加しています。クリックしていただければ人気blogランキングへ投票されます。ご協力お願いします!

2007年6月20日 (水)

マクドナルドコレクション19

Dsc025451 写真は数あるプラスチックボックスの中でも、1980年代のランチボックス、ホビーボックスのハッピーミールトイやトイショップで販売されていたものの一部です。左端の4色のランチボックスは日本でも登場していたので懐かしいなと思われる方も多いと思います。

また例のごとくもっと色や種類のバリエーションがあったのですが、その所在が。。分かりません。発見次第また紹介させていただきます。

ブログランキングに参加しています。クリックしていただければ人気blogランキングへ投票されます。ご協力お願いします!

2007年6月19日 (火)

マクドナルドコレクション18

Cnv0023 写真は1980年代後半から1990年代にかけて販売されていたビデオ”The Adventures of Ronald Mcdonald”シリーズ”The Ronald's Adventure Machine”のワンシーンのセル画です。日頃どんなにレアなものでも、しぶしぶながら必ず売ってくれる友人のアメリカ人コレクターもこのセル画に関しては数種類しか持っておらず、その中の一枚だけならという条件で購入しました。私がそれじゃ、グリマスをと選ぶと”ちぇっ。”という表情を見せたのはいったい何を意味するのか。とにかくコレクター市場にもまれにしか出てくることがないお気に入りの一品です。

ブログランキングに参加しています。クリックしていただければ人気blogランキングへ投票されます。ご協力お願いします!

2007年6月13日 (水)

マクドナルドコレクション17

Dsc025411 写真は1990年のマックドライブスルークルーのハッピーミールトイです。以前にも書いたようにコレクション黄金期の真っ只中1990年、そしてテストマーケットもの、さらにこのキャラクターの可愛さとくればコレクター垂涎のシリーズであることは間違いありません。実際このシリーズさえ集めればもうコレクションをやめてもいいというコレクターの逸話もあるぐらいです。1990年9月7日から10月4日までの約1ヶ月間、オハイオ州イリノイサンドでのみテストマーケットされました。

キズ、色落ちが全くない状態を”ミント”というのですが、その上に袋入り”ミントインパッケージ”という状態、略してMIPが存在します。コレクターたるもの飾るために1セット、MIPを1セット所有するのが基本なのですが、このシリーズに関してはMIP1セット所有するのみです。そのくらいもっとも手に入りにくいハッピーミールトイのシリーズのひとつです。しかし実はコレクションを始めた頃はその価値もわからず大量に所有しており、コレクションを始められたばかりの人たちにとホイホイお譲りしていました。その価値が判った時きっとその人たちも喜んでくれているだろうと思うと、とてもうれしくなります。

ブログランキングに参加しています。クリックしていただければ人気blogランキングへ投票されます。ご協力お願いします!

2007年6月 8日 (金)

マクドナルドコレクション16

Dsc025351 写真はアメリカもしくはカナダのマクドナルドの主に1978年から1980年にかけての”フライヤー”、いわばフライングディスク型のミールトイです。ロナルドのものが非常に多く作られ、他のキャラクターも実際には存在するのですが少量だったため、かなりレアだといわれています。また一見ダブっているものがあるように見えますが、微妙に作りが違ったり、国が違ったり、表示刻印が違ったり、気にし始めると少しの違いがあるだけで持っとかなくてはと思うのはコレクターの性です。これらも非常にチープな作りできれいに飛ぶものでもないのですが、でもやはり古き良きミールトイは、子供たちの夢の詰まったトイであることに変わりはありません。

To be continued.

ブログランキングに参加しています。クリックしていただければ人気blogランキングへ投票されます。ご協力お願いします!

2007年5月23日 (水)

マクドナルドコレクション15

Dsc025121 アメリカのマクドナルドのコレクションを、またマクドナルドの歴史の変遷を語る上で忘れてはいけないもののひとつにハッピーミールボックスがあります。特に1970年代後半から一気にその全米展開に加速をつけたハッピーミールの登場とともに隠れた存在ではありましが、ハッピーミールセットを入れる袋ではなく箱といった斬新なスタイルは欠くことのできない存在でもありました。一言にボックスといっても、それぞれに描かれたキャラクターはその時代その時代を反映した描かれ方をしており、またそのボックス自体でもゲームとして遊べるようになっていたりと大変凝った、いわばコストや採算を無視した古き良きマクドナルドを語ってくれます。90年代にはいるとボックスの登場は極めて少なくなり、後半には何か特別なプロモーション時以外は完全に姿を消してしまいました。ただ古いものを除いては比較的安価で手に入りやすいものも多いのでお手軽なコレクションアイテムでもあります。

写真は1980年代から1990年代にかけてのハッピーミールボックスのコレクションの一部を納めた箱です。このような箱が全部で。。。たくさんありすぎて数えたことがないのでわかりません。そしてこの箱の中に納められていた1986年”ストンパーミニⅡ”のハッピーミールボックスです。ハンバーグラーが悪ーい顔をしていたり、グリマスの頭がいびつだったり、とても味があって気に入っています。できれば本当に一種類づつでも紹介したいのですが時間がどれだけあっても足りないので、整理しながら気に入っているものを少しづつ紹介していきたいと思います。

To be continued.

ブログランキングに参加しています。人気blogランキングへ投票お願いします!