WHY PAY MORE !


  • マイ・オークションをごらんください
2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月31日 (水)

第一章エピローグ

豊中待兼山にはじまり池田渋谷に至るまで12年間5ヶ月という長い間ペップラリーを支えていただき本当にありがとうございました。筆舌には尽くしがたい感謝の気持ちでいっぱいです。今日この日を迎えるにあたって様々な思いが交錯します。でも楽しかった!幸せだった!に尽きると思います。

本日をもちましてすべての営業を停止しペップラリー第1章を終わらせていただきます。いつになるかは未定ですが第2章開始の折は、このブログもしくはmixiの「PEP RALLY COMPANY」というコミュニティにてご案内させていただきます。本当にありがとうございました。みんな大好きです!

2007年10月29日 (月)

御礼

先日は本当にお忙しい中、総勢80名というたくさんの方々にお集まりいただき最後のひと時を過すことが出来心より感謝いたします。またやむなく参加できなかった方々からもたくさんのお電話やメールをいただき本当にありがとうございました。出来る限り皆様にご挨拶をさせていただいたつもりだったのですが、振り返ると感動と興奮の連続に満足に感謝の気持ちを伝えるにはあまりにも言葉足らずだったと反省しております。

たくさんの方々と本当に楽しい心地よい時間を過させていただいてペップラリーでの12年間という時間すべてが私たち家族にとってすばらしい財産だと痛感しました。これだけのたくさんの方々に支えられてきたことを力にまた新たな道への一歩を踏み出して行きたいと思います。本当に12年間ありがとうございました。

2007年10月18日 (木)

お知らせ

10月27日(土)ファイナルミーティングのご案内

第一部 ハロウィーンパーティー
13:00~18:00
仮装して店頭でお菓子を配ります。(なくなり次第終了します。)是非ご近所のお子様はお越し下さい。

第二部 関谷くんと育ちゃんの結婚パーティー
18:00~21:00
ご招待させていただいた方のみに限らせていただきます。

第三部 ペップファイナルパーティー
21:00~
ペップラリー最後のひとときを共にと思われる方、是非ご参加下さい。会費2000円(飲み放題とおつまみ)

2007年10月17日 (水)

ペップラリーと愉快な仲間たち42

減っていく商品の数、解体される棚の数、みんなと撮る記念写真の枚数が増えるほど何か切なさも募ります。

昨日娘の自転車を見に171号線沿い甲武橋手前の大手自転車販売店”あさひ”に行きました。そこには、自転車好きでアルバイトからはじめて、今では店長にまで上り詰めた笑顔の北村くんの姿がありました。最初会った時は失礼ながら何か裏があるのかなと思わせるぐらいいつも本当に笑顔で、思い起こせば待兼山に店舗があるときからの付き合いです。アメリカからヴィンテージのタンデム(二人乗り)の自転車を持って帰った時に、友達と来ていた北村くんが整備をしてくれたのがきっかけでした。しかし彼に告げることも出来ず渋谷に移転したためしばらくは音信不通だったのですが、ある日たまたま通りがかった彼が入ってきてくれて驚きの再会となりました。自転車に関してはいつもお世話になっていますが、それ以上に彼の実直で爽やかな人柄にとても惹かれます。かれもやはり私にとっては欠かせない愉快な仲間で、かつて彼以上に常に素晴しい笑顔を見せる人と会ったことはありません。

To be continued.

ブログランキングに参加しています。人気blogランキングへ投票お願いします!

2007年10月 8日 (月)

ペップラリーと愉快な仲間たち41

昨日、このブログでもたびたび登場している関谷くんと育ちゃんの結婚式に出席しました。当初は家族でお招きいただいていたのですが、下の子供が運動会。残念ながら私だけの出席となりました。午前は親族のみ、午後は交友関係という二部構成の披露宴で、私はなんと親族のほうで招待していただきました。周りを見渡せばまさしく親類の方ばかり、少し場違いの感もありましたが、彼があえて午前の披露宴に選んでくれたこと、また席が彼に一番近い場所だったこと、名札の裏に書かれた彼の直筆のメッセージ、もうそれけでとても幸せな気分でした。シンプルで気取ったところが全く無く、両家の暖かい親族の方に囲まれ本当に素晴しい結婚式でした。

歓談の途中、彼のお父さんに挨拶に赴くと、がっちり手を握られて”あなたがなんで親族の席に呼ばれているか。それはうちの息子にとってあなたは家族同然なんや。これからもよろしくたのむで。”と力強くそして暖かいお言葉をいただいた時。また宴が終わり最後に彼と握手しながら大役を果たしひとまわりもふたまわりも成長した彼の本当に素晴しい顔を見た時。何度も胸にこみ上げてくる熱いものを抑えきれない、本当に感動的な結婚式でした。

To be continued.

ブログランキングに参加しています。人気blogランキングへ投票お願いします!

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »