WHY PAY MORE !


  • マイ・オークションをごらんください
2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

« ペップラリーと愉快な仲間たち36 | トップページ | 娘から父へ »

2007年9月13日 (木)

ペップラリーと愉快な仲間たち37

私たち夫婦がアメリカで結婚式を挙げ、その後日本で披露宴をしたことは以前書きましたが、その時の仲人をしていただいた奥村先生夫妻のお宅へ今日お邪魔しました。いろいろ考えるところがあってその報告にお伺いしたのですが、バタバタとしているうちについつい足が遠のき、実に約6年ぶり。長年ご無沙汰して本当に申し訳ない気持ちでインターホンを押しました。奥村先生はご不在でしたが奥さんがおられたのであがらせていただきました。

奥村先生とは私が関西学院中学部に入学し2年生、3年生の時に担任をしていただいてそこからのお付き合いになります。大学に入って、サッカー部のコーチとして、またキャンプリーダーとして中学部に戻った時に再びお世話になることになりました。当時奥村先生宅はコーチやリーダーの集まる場所としていつでも先輩、後輩の誰かがいる、そんなにぎやかなみんなの交流場所と化したお宅でした。加えて先生の奥さんがとてもフランクで包容力のある方で、先生がいようといまいと奥さんにいろいろ相談する学生も非常に多く、私たちにとっては先生の奥さんでありながらいつの頃からか”おばちゃん”と呼び、もう一人のお母さんみたいな存在でした。私もスキーツアーのミーティングをする時はもちろんのこと、別に用事が無い時でもとりあえず学校帰りに顔を出す。そんな感じで恐らく当時自宅にいるよりはるかに長い時間をここで過しました。以前紹介した後輩の時武君とも夜遅くまで何をするでもなく毎日のようにお邪魔し、いつしかそんなみんなが集える場所に憧れ、自分もそんな場所をもてたらなと漠然とですが思っていました。今思えばここ奥村邸がペップラリーの原点だったんだなと感じます。まだまだ奥村邸には程遠いですが、みんなの集まれる場所、さらにそれ以上に心の支えやよりどころであれたら本当に幸せだなと思います。

今日久しぶりにお話させていただいたのですが、披露宴に出てくれた愉快な仲間たち、なっかん、関谷君、もっくんのこともしっかりと覚えていてくださいました。ちなみに奥村先生夫妻に仲人していただいたのが私たちでちょうど50組目でした。

To be continued.

ブログランキングに参加しています。人気blogランキングへ投票お願いします!

« ペップラリーと愉快な仲間たち36 | トップページ | 娘から父へ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ペップラリーと愉快な仲間たち36 | トップページ | 娘から父へ »