WHY PAY MORE !


  • マイ・オークションをごらんください
2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

« お知らせ | トップページ | ペニーズレイクキャンプ2 »

2007年8月26日 (日)

ペニーズレイクキャンプ1

琵琶湖の白浜荘オートキャンプ場に21日(火)から24日(金)まで3泊4日の日程でキャンプインしました。ここは全国渚百選のひとつで1km余りの青松白砂が続く近江白浜の中央に位置し、180サイトもある広大な湖畔のキャンプ場で、すぐ目の前が湖水浴場という以前より気になっていたポイントでした。

以前にも少し触れましたが、子供たちにとっては初めて、私たち夫婦にとっても結婚後初めてという記念すべきアウトドア第一歩。3泊4日を終え、少し子供たちにはハードな部分、いろいろと遣り残したこと、たくさんのハプニングはあったものの家族みずいらずで大変貴重な体験が出来たと思います。

2007camp1 まず数ある琵琶湖のキャンプ場の中でなぜ今回ここを選んだかというと、第一にキャンプ場が広いということ。隣との境界を意識しながら気を使いながらというのは。。ありえません。しかし結局はお盆も過ぎ、180サイトあるうちの5サイトぐらいの利用で、さらにはロープで境界を作ってはいるものの、空いているところをご自由にというアバウトな感じで広々とテント、タープの居住部分、キッチン、物干し場、駐車スペースを余裕をもって取ることができました。

2007camp2 第二に炊事場、トイレ、シャワーなどの設備が”ある程度”整っていること。キャンプ場によってはひとつのサイトごとに炊事場、シャワー、トイレ、AC電源が付いているというやりすぎなところもありますが、子供たちがいる以上あくまで”ある程度”は必要な条件だと思います。実際ここのトイレは汲み取り式で最初は抵抗のあった子供たちもすぐに慣れて、和式でさえも数少なくなっている昨今、いい体験だと思いました。

第三に子供たちの泳いでいる姿が見える、声が聞こえる位置にテントが張れること。基本は一緒になのですが、どうしてもという場合の安心感が違います。

最後にこれは贅沢な部分かもしれませんが湖水浴だけではなく、子供たちの要望に答えれるオプションがあること。具体的にはここのキャンプ場は白浜荘という旅館が経営をしていて、そこに温泉やプールがあり大変リーズナブルな価格で利用できます。また少し足を延ばせば”てんくう温泉”というクアリゾートや”こどもの国”というアウトドアパークなどの施設が点在しています。

これらの部分を総合的に判断してこのキャンプ場に決定しました。伊丹の自宅を出発して約2時間足らずで到着し、早速テントを設営しいよいよキャンプの開始です。

早く簡単に設営が出来ればそれに越した事はありません、しかししっかりときっちりとテントを設営すること、この基本は絶対にはずせません。今回のキャンプでも特に2日目このことが大きなキーポイントになります。

2007camp3 テントを設営している間子供たちは湖水浴。なんとかテント設営が完了し、この日は簡単にお造りと鉄板焼きで記念すべき第1日目の祝杯をあげました。そして食事が終わり花火をした後、速攻で全員深い眠りに落ちました。

To be continued.

ブログランキングに参加しています。人気blogランキングへ投票お願いします!

« お知らせ | トップページ | ペニーズレイクキャンプ2 »

コメント

いやーすごい。
楽しそうですね。
テントとタープの設営の仕方がまたすばらしい。

アウトドアの店に展覧してあるままですね。
写真をアップで見たんですが、ところどころに”Coleman”の名前が。しかも熱い小物が多いですね。
たまらねぇ。
いいですね~。

先日、熊本にあるAuthorityに行き、パンフをもらって穴が空くまで見ました。
検討に検討を重ねた後、先週末に折りたたみベンチとヘキサタープを買いました。
今ジムニーに乗っているので大きなタープはやめておこうと、ツーリング用のものを買いました。もちろん、ヘキサ。
早く広げたいです!

とりあえずはこのへんからそろえ、日帰りのBBQからいきたいと思います。
グッズ揃えるときはまた相談させて頂きます!

目下現在はロープワークを勉強中です。

>兄貴の方くん

おー!はまってる、はまってる。
やっぱりタープはヘキサが美しい!
きれいに張るコツはポールを垂直よりは少し内側に。
そして左右対称にきつくロープを張ること。
もうそれだけで川原でするBBQよりは少し上級に。
アウトドア最高!

PENNY


久々にコメントします。
といいますのは、先日日帰りBBQしました。
雨だったので小屋の中で行いましたが・・・。

雨が一瞬上がったので、”チャーンス!”とタープを広げてみました。

・・・いや~いいもんだ~。最高ですか?最高です。

もともとセットでついているペグはどうしても弱かったので(いきなり折れてしもた)、Colemanではないですが、Snow Peakのソリッドステークゆうペグ(400mm)を買いました。
やはり金属モノや火関係は日本の技術の方がすごいんやろかとSnow Peakを熱い目で見ています。


今度の連休にペグとハンマーを入れるバッグを購入しに行こかなと。あと、テーブルと椅子がオールインワンになる6人用のセットを購入予定です。

いや~楽しか。

写真を見せれるよう、目下デジカメも検討中です。

またおもしろいことしたらコメント致します。

>兄貴の方くん

BBQ報告ありがとう。
写真がなくても充分、その興奮わかります!

基本的にタープやテントに付いているペグ、ハンマー等はおまけだと思ってください。
コールマンも輸入物として入ってきている時期はよかったのですが、コールマンジャパンとなってオリジナルを作るようになってから少しレベルが落ちてきたように思います。ただ、とは言うもののコールマンに優れものが多いのも事実。またコールマンだけにこだわるのではなく、キャンプスタイルに合ったグッズを揃えていって下さい。例えば自分でこの地面だったら、このペグだなとかいうのは、徐々に経験してわかることなので。

スノーピークもいいメーカーですよ。コールマンよりもマニアックな領域、ヘビーデューティーなものが多いです。

最近は再び暑い日が続いていますが、徐々にいい季節が到来します。楽しい報告待ってます!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お知らせ | トップページ | ペニーズレイクキャンプ2 »