WHY PAY MORE !


  • マイ・オークションをごらんください
2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

« 買い付け16 | トップページ | 母 »

2007年7月13日 (金)

買い付け17

この時も空港に着いて帰国のフライトを見ると約4時間の遅れでした。例のごとく”お詫びセット”を受け取り、今回はこれ以上のハプニングはなくアメリカを後にしました。しかし問題は日本に何時に着くのか。タイミングの悪いことにこの時は関空への直行ではなく、成田に到着した後バスで羽田に行きそこから伊丹空港というめんどくさいルートでした。いつも思うのですが、どうして成田ってあんな不便な場所にあるのでしょう!

そして成田に到着したのは、なんと夜の10時30分!大阪への乗り継ぎの方はもうフライトがないのでホテルをご用意していますと。いやいや今日ばかりは大阪に帰らせてくれよと、必死で電車や夜行バスいろいろと探してみたのですが。。成田のその辺鄙な場所のおかげですべて不可能でした。今日ばかりはホテルでゆっくりという訳にはいかない理由、それはその日がクリスマスイブだったからです。いつも帰国を楽しみに来店してくれる仲間たちも多かったので、空港から店に帰ってのみんなへのプレゼント、そして我が家のサンタさんのプレゼントが、成田で足止めを食らったこのスーツケースの中に入っているからです!しかし無駄な抵抗。どうすることも出来ず同じようにテンションの下がった約30人でバスに乗り込み、何も明かりがなく真っ暗な夜道を走り、ここは一体どこなんだというホテルに到着しました。聞くところによればこのクリスマスイブを大阪のホテルの最上階のレストランでディナー、そして翌日京都観光というハネムーンツアーのカップルが3組ぐらいあったようです。そりゃテンションも下がります。

ホテルに着くと晩御飯が用意してあるとのことだったので、荷物を部屋に入れた後、宴会場に向かいました。何も催し物のない宴会場は椅子とテーブルだけの殺伐とした風景で、かすかに流れるクラッシックはあたかも夏の寂れた商店街に流れるハワイアンのように、さらにそのわびしさや寂しさに拍車をかけていました。宴会場の入り口を入るとトレイを渡され、そこにお皿を2枚、スープボウル、サラダ、スプーン、フォークを乗せ、横一列に並んだ白衣を着た人たちの前で料理を入れてもらい横に進んで行きます。確かに前菜やステーキがあったりしてディナー風の料理ですが。。どうみても映画でよく見る収容所の光景です。さらに席に着いて食べ始めると。。ほとんどが団体ではなく個人の乗客だったので恐ろしいほど会話がありません。そこに妙に響き渡るのはフォークとナイフが皿にあたるカチカチという音だけ。そしてかすかなクラッシック。もう一刻も早くこの場から立ち去りたくて急いで食べ、部屋に戻りさっさと寝ました。世はクリスマスイブだというのに。

次の朝、空港行きのバスに乗り、空港で昨夜遅延した航空会社に伊丹までのフライトをどうしたらいいのか聞きに行くと、”確かに遅れたことは申し訳ないと思っており、昨晩宿泊できるように手配はさせていただきました。しかし大阪までのフライトは当社とは関係ないのでどうすることもできません。”自分も花粉症でそのつらさを分かってはいるのですが、その担当者の小刻みに鼻をすする音と標準語がこの時ばかりは妙にいらつき、いくら温厚な私でも少し切れそうになりながら”御社の飛行機が遅れたから乗り継ぎの飛行機に乗れなかったのです。間違いないですね。”その後マネージャーを呼んだりすったもんだがあって、それも大阪まで乗るはずだった航空会社のほうが便宜を図ってくれて飛行機が取れました。そしてやっと伊丹空港に到着。やっぱり大阪がいいし、遅延なんてもうこりごりです。しかしなんというクリスマス。でもダイハードよりましかとか思いながら、みんなの待つ店へと急ぎました。

To be continued.

ブログランキングに参加しています。人気blogランキングへ投票お願いします!

« 買い付け16 | トップページ | 母 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 買い付け16 | トップページ | 母 »