WHY PAY MORE !


  • マイ・オークションをごらんください
2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

« スタンダード1 | トップページ | ウェンディーズ(Wendy's) »

2007年7月 7日 (土)

スタンダード2

先日”バサラ”というチームに所属しておられる大西さんが仕事の合間にペニーズバーガーを食べに来てくださいました。待兼山からのお客さんで、ここ渋谷に移転してきた時も井上さんをはじめチームの方々とヴィンテージのハーレーに乗って駆けつけてくださり、その爆音に多くの近所の人たちが窓やベランダから”何事!?”みたいな顔で覗いていたのを今でもはっきり覚えています。

話はいつも”最近の若い子は。。”から始まります。結局はバイクにしてもファッションにしても個性のある、オリジナリティのある子が少なくなったなあという一種の嘆きです。もちろん参考にするところはすればいいと思います。しかし、雑誌やテレビや芸能人にダイレクトに左右され、オークションの検索ワードに至っては”キムタク”が当たり前。人と同じような格好をして何がいいんだろう。服から小物からすべてハーレーの名前、マーク入り。ハーレーに乗っているだけで充分じゃないか。ジャケット、ジーンズ、ブーツすべて同じメーカーのレプリカ。やりすぎだろ。そういった思いです。極端なことを言えば、一枚のジャケットがとても気に入ったとします。しかし丈が少し長いから、前が閉まらないから、ワッペンが気に入らないからというあきらめではなく、本当にそのもの自体が気に入っているのなら、丈を切ってでも前を開けたままでもワッペンを張り替えてでもというこだわりがないという思いです。

2年後3年後果たして10年後、その服を着ていますか?そのバイクに乗っていますか?ということなのです。こだわりを持っているのであれば必ず変わることはないでしょう。その時流行っている物や特別なものでなくていい、ずっと変わらないスタンダードなものが一番かっこいいと思います。そして、それと同時に自分の中にも変わらないこだわり、スタンダードをしっかりと持ち続けること、これが個性を生み出しオリジナリティを形成するのです。

それでは愉快な仲間たちは?当然、充分個性に満ち溢れています。そして彼らがオリジナリティを形成する上で何か必要なテイストを加えること。それが私の役目だと思っています。

ブログランキングに参加しています。クリックしていただければ人気blogランキングへ投票されます。ご協力お願いします!

« スタンダード1 | トップページ | ウェンディーズ(Wendy's) »

コメント

はじめまして。
スタンダード1、2とても興味深く共感できました。こだわりを持つこと、手入れ、愛着を持ち続けること本当に必要だと思います。

>空汰くん

コメントありがとう!
こだわりを持つうえで、単に自分のこだわりに
反することに対して頑なになるのではなく
取り入れる、却下するは別にして
人の意見を聞ける余裕を見につけることも大事です。

PENNY

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スタンダード1 | トップページ | ウェンディーズ(Wendy's) »