WHY PAY MORE !


  • マイ・オークションをごらんください
2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

« ペップラリーと愉快な仲間たち29 | トップページ | スシ(Sushi) »

2007年7月25日 (水)

BBQ

Sararenobbq 昨日定休日だったのと子供たちの夏休みが始まったのでBBQに行って来ました。親父、お袋とうちの家族の総勢6名。場所は中国自動車道西宮北インターより約25km三田市に流れる羽束川(はつかがわ)上流の川原で、親父が見つけてきた”穴場”です。

私が物心付いた頃から、夏休みは、というぐらい親父に連れられ家族でキャンプに出かけていました。ホームグラウンドは淡路島五色の浜、慶の松原。特にキャンプ場とは違う場所でも器用にテントサイトを作り、泳いで帰って来ると車のカバーでタープを作ったり、ご飯もすべて親父が作ってくれていました。日本海の丹後半島にもよく行くことがあって、切り立った崖に隠れてある獣道を見つけてはホイホイと降りて”穴場”を開拓する達人でした。そんな親父を子供ながらにかっこいいなって思っていました。その影響もあって趣味はアウトドア、キャンプというぐいらい毎年どこかに季節関係なく、結婚するまでも妻とよく北は能登、南は熊本までと頻繁に出かけていました。ただ親父やお袋と行く機会は徐々に無くなり、さらに結婚して子供が出来て、アウトドアでの活動自体から少し遠のいていました。

子供たちも成長し、しかしその反面、日々小学校で、幼稚園で一生懸命生活する中で、子供たちなりのストレスを感じ始めています。ぐずったり、わがままをいったり。さらに家で騒ぐと近所に迷惑だと怒られ。。そんな日々の生活からひと時抜け出して、自然の中で大声を出し、騒いで、笑って、暴れている子供たちは本当に生き生きとしていました。こういう場所で過す時間というのは私たち大人も含めて、本当に大事だなと痛感しました。山々の緑、川のせせらぎ、鳥の鳴き声、子供たちの声、美味しい食事すべてが五臓六腑に染みわたります。流れ出る汗さえ爽快です。子供たちも、もうある程度大きくなって可能になった今、本格的にアウトドアでの時間を増やしていこう、そう思いました。

Reno小さい時、親父にキャンプに連れて行ってもらって、ひとつ不思議なことがありました。キャンプにいってもあまり泳ぐわけでもなく、テントサイトを整え、後はごろごろしていて、朝昼晩とごはんづくり。何が楽しいのかなと。でも昨日子供たちの満面の笑顔を見てすべての謎がとけました。あぁ、親父もこんな気持ちだったんだなって。昨日もいつもどおりごろごろしていましたが、親父ってやっぱりかっこいいなって思いました。少し昔のことを懐かしく思い出しながら。。

To be continued.

ブログランキングに参加しています。人気blogランキングへ投票お願いします!

« ペップラリーと愉快な仲間たち29 | トップページ | スシ(Sushi) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ペップラリーと愉快な仲間たち29 | トップページ | スシ(Sushi) »