WHY PAY MORE !


  • マイ・オークションをごらんください
2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

« 買い付け14 | トップページ | ペップラリーと愉快な仲間たち23 »

2007年6月26日 (火)

買い付け15

前回に引き続きアメリカへの入国審査での面白いエピソードを。ある時、入国審査を列に並んで待っていました。私の前はおじいさんとおばあさん。ツアーで来ている様子もなく、単独で旅行するなんてすごいなと思う以上に大丈夫かなという不安を感じていました。というのも本来飛行機のなかで書いておくべき、審査官に提出する出入国カードを列に並びながら、わからん、わからんと記入していたからです。少し手伝ってあげようと、ふっとおばあさんのカードの裏を何気に見るとびっくり!裏には、今伝染病にかかっているか?とか麻薬うんぬん逮捕されたことがあるか?とかスパイ活動をしたことがあるか?とか普通であれば何の躊躇もなく”いいえ”とチェックすべき項目がすべて”はい”になっているのです。恐らく英語もままならない様子、このままではやばい!二人の旅行が終わってしまうと思い”カードの裏間違っていますよ。”というと”あら、そうおじいさんに書いてもらったのに。”と不思議そうな顔。それでおじいさんのはと見せてもらうと、しっかり”いいえ”にチェックされているではありませんか。陥れようとしたのか?いやいやそんなはずは。単なる書き間違えだと自分に言い聞かせ、他の項目もチェックし間違いを直してあげました。そして自分の審査も終え荷物を取りに行くとあの老夫婦が微笑んでこちらに向かってきます。そしてこう言いました。”よかったらご一緒に。”もちろん、丁重にお断りしその場をあとにしました。

ブログランキングに参加しています。クリックしていただければ人気blogランキングへ投票されます。ご協力お願いします!

« 買い付け14 | トップページ | ペップラリーと愉快な仲間たち23 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 買い付け14 | トップページ | ペップラリーと愉快な仲間たち23 »