WHY PAY MORE !


  • マイ・オークションをごらんください
2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

« ブッフェ(Buffe)3 | トップページ | ペップラリーと愉快な仲間たち14 »

2007年4月28日 (土)

クリスピークリーム(Krispy Kream Doughnuts)

Kk_1 日本では現在ドーナツといえばミスタードーナツの独壇場ですが、去年の12月東京新宿にクリスピークリームドーナツが初上陸し、にわかにドーナッツ市場も騒がしくなっています。アメリカでドーナツといえばダンキンドーナツが有名で、その魔法瓶であるとかカップであるとかといったノベルティも一部貴重なコレクターズアイテムとなっていますが、渡米した時にしか見る機会はないものの明らかにその店舗数は年々減少し、その反面クリスピークリームの店舗が劇的に増加しているように思います。

クリスピークリームは1937年創業であるのにもかかわらず身売りなどのいろんな歴史を経て、1996年ニューヨークを皮切りに全米展開を開始したという、そういう意味では比較的歴史の浅い会社なのですが、ダンキンに代表される小売店舗とは一線を隔したスタイルとオリジナル・グレーズドに代表されるとろける食感の創業以来のレシピによって爆発的な人気を呼んでいます。その店舗はドーナツが作られるオートメーションの工程がすべて目の前で見ることの出来る仕組みになっており、またクラシックカーやヴィンテージカーを展示するなどそのロゴが象徴するように新しさと古さをうまく融合させた斬新な店舗です。

ある時、買い付けが終わりその後友人の家でディナーに招待されていたので、最近出来たクリスピークリームのドーナツを買っていこうと初めてその時行きました。と、いつも緑色のサインが突然赤色に点滅しはじめました。そしてそれと同時に隣のショッピングセンターから人々がたくさん店舗目指してやってきます。これも後から分かったのですがクリスピークリームの独自のパフォーマンス”ホットライト”と呼ばれるもので”オリジナルグレーズドが今出来上がりましたよ!”というサインだったのです。そして店内では来た人来た人にあつあつのオリジナルグレーズドを配っているではありませんか!そしてそれだけの目的で来た人たちもたくさんいました。”俺はたまたま寄っただけ!”とか思いながら、ほおばるとこのとろける特に出来立てのおいしさに”おぉっ。”と声も出ます。表面に砂糖がコーティングされたドーナツで、しいて言えばミスタードーナツのフレンチクルーラーのような感じなのですが、しかし今まで味わったことのない絶妙な味と食感でした。

ミスタードーナツはミスタードーナツであっさりとした良さを持っていますが、このクリスピークリームの味と食感は本当に甘いものが好きな人をきっと虜にし、日本でも大旋風を巻き起こすに違いないでしょう。

クリスピークリームドーナツジャパンのホームページ

To be continued.

ブログランキングに参加しています。人気blogランキングへ投票お願いします!

« ブッフェ(Buffe)3 | トップページ | ペップラリーと愉快な仲間たち14 »

コメント

クリスピークリームドーナツ、こないだ私も食べました!
うちの妹がどうしても食べたいと日々言い続けてたので、旦那が東京出張の時に1時間並んで買ってきてもらいました。
でも泊まりの出張やったからドーナツが私の口に入ったのが翌日だったんです。
なので多少表面のお砂糖がネッチャリという残念な結果に…。
出来立て食べてみた~い。

>久美ちゃん

こんにちは。コメントありがとう!
相変わらずこちらからはコメントが入らないので
ここから失礼します。
クリスピークリームの話を書いただけでいろんな人の
検索に引っかかってアクセスが昨日は増えました。
それぐらい人気なんだなと。
でも出来立てほんとうにおいしいです。
もうその口の中でとろける感じが。
大阪にもいずれ出店されるだろうけど
まだまだかな?それでは。

PENNY

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ブッフェ(Buffe)3 | トップページ | ペップラリーと愉快な仲間たち14 »