WHY PAY MORE !


  • マイ・オークションをごらんください
2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

« ファーストフードトイ4 | トップページ | ペップラリーと愉快な仲間たち4 »

2007年3月16日 (金)

ペニーズバーガー2

Cnv0005 店先にオープンカフェを作りオリジナルのメニューを考案し、少しづつですが食べに来てくれるお客さんが増えてきた去年の夏、母方の昔から可愛がってもらっていた親戚が突然来店しました。仕事に関してその辣腕ぶりは親戚の間でも有名でビシネスの香りを瞬時に嗅ぎ分け独断即決。そんな氏がメニューにあるものをすべて食べてみると言い出したのです。そして結果、このハンバーガーとホットドッグを東京で売ってみないかとのことでした。何のことだか最初は理解できなかったのですが、よくよく話を聞くと、東京・芝に自社ビルを建てその1階部分をカレー屋にするらしく、そしてその端にあるテイクアウト用の窓口をハンバーガー販売に使ったらどうだという提案でした。こちらとしては当然願ったり叶ったりです。そしてカレー屋のオープンに向け、こちらの準備も急ピッチに進めました。レシピや焼き方、トッピングの仕方をカレー屋の社員さんに伝えます。

週に2日上京し、後はカレー屋の社員さんに任せ、食材はこちらから発送、パンに関してはいずれ現地のパン屋で作ってもらうという体制でスタートしました。自分のハンバーガーが果たして東京で通用するのか。いよいよオープン。場所がらサラリーマンが多いので12時になるかならないかの頃から人が続々と溢れかえってきます。カレー屋の券売機の前にすでに10人ぐらいの列が、そしてなんと!パティを焼いている私の前にも列ができてきています!そしてこの日は結局10個ぐらいでしたが、とてもすがすがしい気持ちでした。そして日増しに20個、30個と売れるようになり、多いときには50個売れるときもありました。ただやはり週2日ではいろんなことを試したりするのには限界があり、次はというとまた来週。なかなか加速はしません。

そんな繰り返しの中、販売数は安定してきたといっても、下がることすらないですが極端にあがることもなくなってきました。ひとつの店舗でと考えるとまだまだ低いレベルです。1日100個は売りたい。そうするには、作り手による味のばらつきをなくしたり、コストを下げることやデリバリーシステムを構築しなければと思っていた矢先、いろんなマイナスのことが重なって起こり、カレー屋が閉店することになります。当然ハンバーガーコーナーも。最初はかなりショックでした。しかし結局は東京で販売できるチャンスを与えてもらい、自分の力なしで出店させてもらえたわけで、約4ヶ月間と短かったですが今はいい夢をみさせてもらったと本当に感謝しています。思い返せば大阪での販売もそこまでの構築がないまま、東京に乗り込んで行ってしまっており、原点に返ってもっと地元で足元を固めることが最優先だと痛感しています。東京で売れることはわかりました。だからこそ大阪池田発信のバーガーとしてこの”ペニーズバーガー”を育て上げ、それから東京に再度乗りこんでも遅くはないと思うのです。そして今、移動販売計画構想中です!

To be continued.

ブログランキングに参加しています。人気blogランキングへどうぞ!

« ファーストフードトイ4 | トップページ | ペップラリーと愉快な仲間たち4 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ファーストフードトイ4 | トップページ | ペップラリーと愉快な仲間たち4 »