WHY PAY MORE !


  • マイ・オークションをごらんください
2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

« 買い付け1 | トップページ | ディックス(Dick's) »

2007年3月24日 (土)

バーガーキング(Burger King)

Bk_1 アメリカに買い付けに行ってどこのハンバーガーを一番食べているか。もちろん前回に少し触れましたができるだけいろんなところで食べてみたいとは常々思っています。でもその味、そのボリュームからいってやはりバーガーキングのワッパー”Whopper”と呼ばれるハンバーガーを一番食べていると思います。他店のものも当然おいしいのですが、鉄板ではなく直火焼きの香ばしいにおいに大げさでもなく、前を通るとついつい引き込まれてしまいます。また約15センチにも及ぶワッパーは長距離を運転するにはうってつけのボリュームなのです。写真端の携帯電話と大きさを比較してもらえばそのボリュームも理解していただけると思います。そして価格。食べる州によって違うのですがだいたい1.99ドルから2.99ドルです。およそ230円から340円!

バーガーキングはフロリダ州マイアミに本社を置く、マクドナルドに継ぐ全米第2位のハンバーガーチェーンです。世界65ヶ国に展開していますがオーストラリアでは”ハングリージャック”という名前で知られています。今でこそディズニーをはじめとするメジャーなキャラクターのミールトイを出しています が1980年代後半から1990年代前半にかけてのミールトイはオリジナルキャラクターをはじめ傑作が多くコレクターの間でも非常に人気が高いです。

日本でも1996年から店舗展開していましたが、沖縄の一部の米軍基地内を除いて2001年日本から完全撤退しました。しかし今年の夏からロッテリアとの提携で首都圏を中心に復活するそうです。

どこまでアメリカの味とボリュームを再現できるのか。アメリカ本社のそれもマクドナルド慣れした日本というマーケットに、再度上陸するハンバーガーチェーンにとって常に突きつけられた大きなテーマで、ある程度おいしい月並みなものを作るだけでは飽きられるまで時間の問題です。加えて何か他にはないオリジナリティとインパクトが間違いなく必要です。これは当店のペニーズバーガーに関しても同じことで、ゆえにいろいろ試行錯誤し以前に触れた過程を経て、120グラムのパティ(一般によく知られるところのハンバーガーのパティの約3倍)にオニオンリング、タルタルソース、フレッシュトマトにレタスといった味、食感、ボリュームを意識したペニーズバーガーを完成させたのです。

その他にもペニーズバーガーや他のメニューを作るうえで多大な影響を与えたり、やはり渡米時に必ず食べるジャンクフードについても引き続き紹介していきたいと思います。

To be continued.

ブログランキングに参加しています。人気blogランキングへどうぞ!

« 買い付け1 | トップページ | ディックス(Dick's) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 買い付け1 | トップページ | ディックス(Dick's) »